学校法人 淑徳学園 淑徳SC 中等部・高等部

傳通院のHPはこちら

やわらかな春風を頬に感じ、心華やぐ今日この頃、

本校は始業式を迎えました。

 

始業式では校長代行の荒木先生より、

日本英語検定協会(英検)から受験率部門の優秀団体賞を頂いたと報告して頂き、

昨年度の生徒の努力が評価されました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

始業式の後は、「花まつり」が行われました。

「花まつり」は仏教を開かれたお釈迦様の誕生をお祝いする行事です。

花御堂(はなみどう)という小さなお堂を花々でお飾りしてその中に水盤を置きます。

水盤中央にお釈迦様の誕生仏を安置し、誕生の時に天から甘露の雨が降りそそいだという故事に習い、 水盤にたたえた甘茶を小さな柄灼で、頭上からかけてお祝い致します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

荒木先生からのご講話でも、お釈迦さまがお生まれになって宣言したという、

「天上天下唯我独尊」の言葉の意味を教えて頂きました。

「この世界において私が唯一尊い存在である」という意味ですが、

お釈迦様だけが尊いのではなく、今ここに存在する私たち全員がかけがえのない存在だ、

ということでした。

 

このように、新学期にあたるこの時期にお釈迦様の誕生をお祝いするとともに、

私たち一人ひとりがかけがえのない、尊い存在であるということを再確認し、

自分を見つめ、希望と新たな決意をうながす行事ともなっています。

 

新たなメンバーを加え、いよいよ本校が本格始動しました。

これからの生徒の活躍にご期待ください!

(広報部 T・K)

 

 

ページの先頭へ