学校法人 淑徳学園 淑徳SC 中等部・高等部

傳通院のHPはこちら

5月10日に、高等部1年生は学校のお隣の傳通院にて、仏教行事である「傳通院の集い」を行いました。
いままで仏教を身近に感じる機会がなかった生徒も多く、始まる前は緊張の面持ちでした。

本校の理事長校長でもある、麻生諦善先生による開講式を終えた後、写経と気の活用についての講義を受けました。


写経をするときは皆集中し、一生懸命頑張っていました。

気の活用とは、「前向きな言葉を発することで、良いエネルギーが生まれ、私たちの生活に良い影響をもたらしてくれる」という考え方です。
実際にポジティブな言葉を発し、自分の体で実際に良いエネルギーを体感することで、気の使い方を学べたようでした。

午後はみんなで木魚を叩いたり、お念仏を唱えながら大きな数珠をみんなでまわす「お数珠繰り」を行いました。

一日の大半を慣れない正座で過ごしたため、終わった後は疲れた様子もありましたが、日頃体験できないことをたくさん学べ、充実した研修となったようです。
これからの学校生活に、この学びを生かしていってほしいと思います。

ページの先頭へ