学校法人 淑徳学園 淑徳SC 中等部・高等部

傳通院のHPはこちら

淑徳SCの沿革

明治

1892年9月3日
(明治25年)
「淑徳女学校」創設
1893年3月
(明治26年)
「淑徳婦人会」創設
1903年4月
(明治36年)
設立者を浄土宗へ移管
1905年5月
(明治38年)
私立女子静韓語学講習所を附設
明治38年頃 正門
1906年12月
(明治39年)
高等女学校令により「淑徳高等女学校」に改称
作法
1907年2月
(明治40年)
淑徳家政女学校を併設
鎌倉旅行(八幡宮前)明治44年5月

大正

1911年7月
(大正01年)
 大正初期の校舎
1920年4月3日
(大正09年)
輪島聞声先生 遷化

昭和

1926年4月3日
(昭和01年)
昭和03年 落成のモダンな新校舎昭和04年ごろ 洋服型の制服となる昭和10年 セーラー服
1938年5月
(昭和13年)
経営を浄土宗教育資団に移管
昭和19年 全国共通のヘチマ衿・ベルト付の上衣
1945年5月
(昭和20年)
空襲により校舎全焼
昭和21年 校舎消失後の校庭に並ぶ生徒
1947年2月
(昭和22年)
新学制により淑徳学園中等部を設置
昭和22年 復興第1、2期校舎 12教室
1948年4月
(昭和23年)
新学制により淑徳学園高等学校を設置
経営を浄土宗教育資団より、財団法人淑徳学園へ移管
1951年3月
(昭和26年)
学校法人淑徳学園に組織変更
昭和31年 高校の制服が背広型となる昭和31年 講堂
1958年4月
(昭和33年)
高等学校専攻科を創設
昭和45年

平成

1992年11日
(平成04年)
創立100周年記念式典を挙行
平成03年 校庭より見た校舎 4号館・5号館
2008年4日
(平成20年)
「淑徳SC中等部・高等部」に校名変更
平成20年 新校舎
2012年9日
(平成24年)
創立120周年を迎える

校歌・校章

校章

校章

淑徳SCの前身である「淑徳女学校」より受け継がれた伝統を創立から120年間守り続けてきた校章です。

シンボルマーク

シンボルマーク

淑徳SCのシンボルマークは、 花言葉で「可憐、貞節」などの意味を持つナデシコの花。
「女性らしくしなやかに、美しく成長していって欲しい」との願いが込められています。

校歌

校歌

 

校旗

校旗

ページの先頭へ