学校法人 淑徳学園 淑徳SC 中等部・高等部

傳通院のHPはこちら

年間スケジュール

4月 花まつり※
新入生歓迎会
5月 校外学習(中・高全学年)
授業参観
6月 前期中間考査
体育大会
面談期間
避難訓練(地震)
7月 面談期間
夏期講習
盂蘭盆会(みたままつり)※
8月 夏季補習、講習
9月 中等部3年修学旅行
前期期末考査
前期終業式
防災訓練(下校訓練)
10月 後期始業式
保護者会
避難訓練(火災)
11月 なでしこ祭
高等部2年修学旅行
創立記念日、授業参観
12月 後期中間考査
成道会※
芸術鑑賞会
1月 伝通院参拝
御忌会※
高等部推薦入試
2月 中等部入学試験
高等部一般入試
送別会
涅槃会※
3月 高等部卒業式
後期期末考査
中等部卒業式
終業式
年間スケジュール

仏教行事解説

花まつり  (4月8日)

「花まつり」とは仏教を開かれたお釈迦さま(ゴータマ・シッダールタ)の誕生をお祝いする行事です。「仏生会(ぶっしょうえ)」「灌仏会(かんぶつえ)」「釈尊(しゃくそん)降誕会(こうたんえ)」ともいわれます。花(はな)御堂(みどう)という小さなお堂を花で飾り、その中に水盤を置き、なかに誕生仏(右手を天、左手を地に指差している小さなお釈迦様の像)を安置し、誕生の時に天から甘露の雨が降り注いだという故事に習い、甘茶をたたえ、小さな柄杓で、頭上にかけて、お祝いします。「天上天下唯我独尊」という言葉は私たち一人一人がかけがいのない、尊い命をいただいて生まれてきたという意味で、新学期にあたるこの時期、お釈迦様の降誕を祝うとともに、真の自分を見つめ、希望と新たな決意をうながす行事ともなっています。

盂蘭盆会(みたままつり)

いわゆる「おぼん」の行事です。
経典によれば、お釈迦様の十大弟子の一人、目連(もくれん)[目犍連(もっけんれん)・モッガラーナ=神通力(じんずうりき)第一(今でいう超能力)]尊者が亡くなった母の姿を探し求めると、母は餓鬼道におちて、苦しんでいました。目連は何とか母をこの苦しみから救いたいと思い、お釈迦さまにその救済方法を尋ねました。安居(4月15日~7月15日の3ヵ月間、弟子たちは一所に集まり、集団で修行する)の終わる、7月15日に多くの僧を招き、供養したところ母は安楽な世界に生まれ変わることができたと記されています。
本学園では、私たちと祖先とのつながりと、さらに生きることの意味・命の尊さを深く考える行事として定着しています。

成道会(じょうどうえ)

お釈迦さまが「さとり」を開かれた日を記念する行事です。
カピラ国の王子として誕生されたお釈迦さまは、29歳の時出家され、6年間の苦行生活をおくりましたが、苦行では「さとり」に至らないと判断し、沐浴し、村娘スジャータのささげた「乳粥」で体力を回復し、ガヤの町のピッパラ樹のもとで、瞑想(禅定(ぜんじょう))に入り、12月8日の明けの明星がひときわ輝いた時に「因縁の理法」をさとられました。この地は「ブッダガヤ」といわれ、この木を「菩提樹(さとりの木)」とよばれます。この日には「乳粥」の故事にちなみ、「ヨーグルト」を供え、皆でいただきます。

御忌会(ぎょきえ)

浄土宗の開祖・法然上人(1133~1212)の命日に上人をしのぶ行事です。
法然上人は43歳で「浄土宗」を開きました。その「専修(せんじゅ)念仏(ねんぶつ)」の教えは全国に伝えられ、多くの人々に受け入れられました。鎌倉時代の建暦2年正月から病に伏され、弟子たちに最後の遺訓(ゆいくん)「一枚(いちまい)起請文(きしょうもん)」を書き与え、1月25日に京都・東山で静かに80歳の生涯を閉じられました。「御忌」という言葉はもともと天皇、皇后の法要を意味していましたが、1524年、後柏原天皇の命により、上人の命日に使われるようになりました。

涅槃会(ねはんえ)

お釈迦さまの入滅を記念する行事です。
「涅槃」とは、サンスクリット語のニルヴァーナ(ニッバーナ)に由来した言葉で、これは「(火が)吹き消された状態」を意味し、そこから、煩悩の火が吹き消され、「さとり」の状態に入ったことをあらわす言葉として使われました。お釈迦さまは35歳で「さとり」を開いてから、45年の長きにわたり、ガンジス川中流域を中心に伝道され、最後の旅は北に向かいました。思い出の多い町をたどりながら、ついにクシナガラの町のサーラ(沙羅)双樹のもとに、頭を北に向けて横たわり、「この世の中は、すぐに過ぎ去ってしまうものです。だからこそ、時間を大切にして、よく努力しなければなりません」という言葉を残し、静かに涅槃に入られました。
時に2月15日、80歳でした。

法爾会(ほうにえ)

浄土宗の開祖、法然上人(1133~1212)の忌日25日前後に年に数回、上人の遺徳をしのび、また日々の生活の中に、上人の教えを生かしていこうという趣旨で行われる本学園の行事です。行事名の由来は、2011年に800回忌に勅賜された「法爾大師」からです。これまでに明照会(「明照大師」700回忌) 和順会(「和順大師」750回忌)と「大師号」を賜るたびに、名称を変更し今日に至っています。

ページの先頭へ